中古ドメインは星の数ほどあります。その中でも自分の欲しているドメインの条件があると思います。上手くサイトを利用して自分の欲しいドメインをゲットして運用しましょう!

中古ドメインの上手な探し方を考えている男性

中古ドメインを探す時は複数のサイトを見て回ろう

中古ドメインを買う時は様々なサイトを見る中古ドメインを取得する際には、さまざまな判断基準によって選んでいく必要があります。中古ドメインの主な評価には被リンクの数が見られますが、被リンクの数がただ多ければ良いというわけではありません。被リンクの数がたくさんあったとしてもその被リンクの質が低品質であればそのリンクの効果には期待ができません。
一方で、被リンクの数が5本しかついていないけれど、そのリンク1本1本に十分なリンクパワーがあれば簡単に上位表示ができてしまうこともあります。同じ数の被リンクであったとしても、そのリンクにはさまざまな観点から評価がされているために、ただ数字を眺めるだけでは中古ドメインの取得はできないということです。
そして次に重要となってくるのが過去にその中古ドメインがどのように運営されていたかどうかについてです。ドメインの過去の運用履歴を見れるサイトを見て、正しく健全に運営されていたかどうかを見極めます。
もしここでアフィリエイトサイトや、低品質なコンテンツしか投入していないサイトであることがわかれば、それを取得するのは避けたほうが良いでしょう。特にアフィリエイトサイトの場合、良いリンクがついていて捨てられている場合は、更新を忘れた可能性もありますが、ペナルティを受けてしまって捨てられているサイトである可能性が非常に高いです。
そのため、被リンクを見るだけでなく、そのサイトの運用履歴を見ることは非常に大切なことであり、ハズレをひかない防衛策であるとも言えます。
また被リンクの質を確かめるためにも、被リンクが調査できるサイトを使って調べることも忘れないようにしましょう。被リンクの質を確かめるためにはリンク元の閲覧ができるツールやサイトを使用します。そしてその被リンクの質が良いものであるとわかってからようやく取得しても良い選定ラインを超えます。被リンクの数だけを見て取得してしまいがちですが、中古にはあたりハズレが多いため、ハズレをひかないようにするために、その被リンクの質を確かめるためにリンク元のサイトを目視したり、その中古がどのような運用をされていたのかなども見て判断する必要があるということです。中古にはあたりもありますが、ハズレも多く存在するため、目視による作業は欠かせません。それなりに中古の取引をして経験を積まなければ、良いもの悪いものの判断はつかないものです。まずは数を購入してどれが良いのか、悪いのかを感覚的に学んでいく費用も最初は必要になってきます。

中古ドメインは高価なものを探すべき?

中古ドメインを買う時はコストパフォーマンス重視中古ドメインを購入する際にコストパフォーマンスは気になるものですよね。
高価なもの=上位表示しやすいものという印象がありますし、安いものをたくさん買うよりしっかりとマネタイズできる高価なものを選びたいという方も少なくありません。
しかし、実際のところは価格と上位表示は比例しないものだと考えられます。高価なものは被リンク数が多い・リンク先のランクが高いなどの理由が挙げられるため、確かに上位表示に繋がりやすいといえるでしょう。しかし、高いから必ず上位表示するという保証もありませんし、高価なものを使ってもまったく上位表示しなかったという事例は山のようにあります。
低価格帯のドメインにも上位表示しているものはたくさんあるので、値段だけでドメインを選ぶのは非常に危険な選択といえるでしょう。とはいえ確率的には高価なものの方があたりは引きやすいと考えられます。前述したようにリンクの質が高いので、反映される可能性が高いというわけです。ただし考えておかなければいけないのが、自らリンクを送る場合に反映されにくいことは頭にいれておくべきでしょう。
総リンク数が10のサイトと100のサイトでは1リンクあたりの効果が変わってきます。すべてのサイトが均等な効果をもたらすわけではないので、純粋に1/10というわけではありませんが、総リンク数が多いほうがリンク効果が小さくなるのは確実です。
そのため運用しているサイトの色にするために大きなコストがかかるのは考えておく必要があるでしょう。バックリンクサイトとして運用するのであれば問題ないかもしれませんが、ターゲットサイトとして運用する場合は、考慮しておきたいポイントです。上位表示するためには効果的なリンクと検索ユーザーのニーズを満たすコンテンツが必要条件となります。利用者にとって欲しい情報を載せているサイトは上位表示されますし、他のサイトからこのサイトに行けば問題が解決するとリンクされているサイトは評価されるというわけです。
結果的に高価なものは、その後の運用においても大きな負担がかかるのでおすすめとは言い切れません。被リンク数や質などの要因を調べて、安価でも質の高いドメインを探す方がコストパフォーマンスは高いでしょう。ただし中古ドメインはサイトによってまったく上位表示しないケースもあるので、そのリスクと危険性は頭に入れておきたいポイントです。うまく運用して上位表示につなげてくださいね。